母の意識が私のトラウマに

  • 2017.04.13 Thursday
  • 21:53

一昨日は冬が逆戻りしたみたいな冷たい雨でしたね。そしてまた春の陽気に戻り体調も不安定になりやすい時です。

ついこの間満開になった桜が、もう葉桜になってきています。儚いですね〜。

そして、4月には新入社員を迎えたり、移動になったりと変化の波にさらされる時期、ちょっと疲れが〜と思ったら、ぜひヒーリングを受けにいらしてくださいね。

溜まりすぎない内に解放しましょう!

 

ところで、もうすぐやろうと思っているアクセスボディが

「セクシャルエナジーの反発への磁気的引きつけ&セクシャルエナジーの復元」です。

第二チャクラの活性にも役立つと思いますし、何よりも社会の中で大人の女性が生きていく時の色々と面倒くさいことに対処しやすくなるかな〜などと考えています。

 

セクシャリティ関係のアクセスボディは、色々と今までもあったのですが、講座はあまり開催していません。マンツーマン研修でいくつかやっていました。ポジショニングの関係もあり女性限定にします。セッションも講座もどちらもやりますが、自分にもやりやすいポジショニングなので、学ぶことをお勧めします。

それに、日本の文化的な背景特と現代社会での女性の在り方のギャップが大きいので、場合によっては反応も出ます。

私自身、これらの施術を経験したら、母の意識を背負っていたのが出てきて、パニック発作みたいな状態を経験したりしました。幸いにもすぐに立ち直りましたが、震えと泣きたい感じ、自分を責めたり居場所がない感じ、とにかく自分が悪いのよ〜と言う感じや、何とか謝って怖い思いをしたくないとか、何だか分からないものがドドーっと出ましたね。

でも、これ本当に私の?

「これ誰の?」

そして、自分を責めることなく、慈しむことを思い出して冷静さを取り戻しました。

以前に個人講座を受講した人は大熱出したと言っていたし、その時にも自分以外のものを抱えていた感じで施術の中でのエネルギー放出がありました。

 

これらは、年齢に関わりなく、パートナーがいてもいなくても役立つはずです。

そして、この反応を越えるのにすごく役立つボディプロセスメニュー、いくつかあるとは思いますが、最近のヒットメニュー「神経再生活力の復元」がお勧めです。

 

日程はリクエスト開催もしますので、平日土日ともにご希望あればお知らせください。

アクセスバーズ・フェイスリフト・各種アクセスボディを開催できます。

 

★4月25日 アクセスフェイスリフト1日講座 開催決定です。残席2

★4月26日 アクセスバーズ1日講座 階差決定です。残席3

 

ゴールデンウィークには、カルナレイキを開催します。こちらは教室は問いませんがレイキ3卒以上です。

★5月3日 カルナ1

★5月4日 カルナ2

 

 

 

 

 

フェイスリフト復習ギフレシ4月16日

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 21:51

今回は、ヒューマン&トラスト研究所の小川からアクセスフェイスリフト講座を受講した方を対象として、フェイスリフトの復習とギフレシを行います。

ーーーーーー

4月16日(日)14:00-17:00 定員10名 残席5

ーーーーーー

復習フォローを兼ねていますので、参加できるのは小川からアクセスフェイスリフトを学んだことのある人です。

参加費3,000円

最新の日本語マニュアルが必要な人は1,000円でお分けします。ただし、以前にフェイスリフト1日講座および復習会で新しい英語マニュアルをもらっている人には配布しますので前もって連絡ください。

【スケジュール】

  13:30〜開場と受付 写真など撮る人はここで取っておきます。

  14:00〜フェイスリフト日本語字幕付き映像にて最新の手当と手かざしの方法を見ます。映像40分位あります。

  14:50頃からペアになってフェイスリフト実習します。

 

 

ギフレシとは、ギブ&レシーブの略で、簡単に言えばお互いに施術をし合うと言うことです。

2015年にフェイスリフト講座を初めて開いた時には半日講座でした。

そして、2016年6月にアクセスフェイスリフトが別のファシリテーター資格が生まれて2017年2月までは移行期間という状態ですすみました。

今では、1日講座になり、エネルギーも一つ加わりました。講座用の映像も登場し、3月には日本語の字幕、新版の日本語マニュアルも出ました。

私のところでは映像が来た時点で通訳をお願いして文書化して、映像を使っての復習会も開きました。

今までの手当をする方法と、手をはなしてやる方法と2種類が登場しています。これは映像をみて学ぶのが一番なので、今回時間があえば是非ご参加くださいね。

 

ーーーーー

アクセスフェイスリフト1日講座 定員4名

ーーーーー

4月25日(火)10:30-17:30 受講費25,000円 

 

ーーーーー

アクセスバーズ1日講座 10:30-17:30 定員4名 受講費37,000円 再受講18,500円

ーーーーー

●4月22日(土)

●4月26日(水)

 

その他の日程でもリクエスト開催ができます。

アクセスバーズ・各種アクセスボディ・フェイスリフト講座を開講しています。

アクセスコンシャスネス日本へ続々

  • 2017.04.07 Friday
  • 13:53

アクセスコンシャスネスの日本進出ぞくぞく


昨日FBで知ったが、5月に創始者のギャリーが再来日してCOPクラスを開催するとのこと、しかも今年来ていたデーンも同行するよう!
ワーオ! 

実は2016年7月にCOPは受講済みだが、FBの情報を見たときに心が揺れた。
昨年のギャリーは、中国から回ってきて、体調がかなり悪く不調で、3日間とはいえ、ランチタイム3時間だし、セミナーの時間も短く、もうギャリーのセミナーはいいかと思っていたのだ。
しかし、その後、見事に復活を遂げたようで、それだけ、アクセスコンシャスネスにとって2016年は大きな変化の年だったようだ。
復活したギャリーを見てみたいような気もしている。
正直、75歳を超えてギャリーは下ネタばかりだし、正直、変なおじさんである。日本だと(ほかの国でも)50歳ほどの男盛り?のデーンファンの方が圧倒的だろうと感じる。
そして、確かにデーンはアクセスコンシャスネスを引き継ぐだろうし、独自の技術のセミナーも開催、どんどん磨かれているのを感じる。なので、ファンが多い、追っかけみたいな人もいるようだ。
アイドルスターがどんどんきれいになっていくのと一緒だ。

それにしても、つい2年前までは目もくれてくれなかった日本での上のクラスの開催が、今では続々と続くのはなぜか?

ジャパンマネー、ザックザクなのだ。

海外だと、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、インド、中国などで開催されているのだけれど、日本で開催するのことには日本人ならではの特徴もあるのかと思う。
韓国とかタイとか、その他のアジアの国でも開催の要望は多々あるだろうが、なんと言っても、英語が苦手な人が日本人にはまだまだ多く、セミナー受講に興味があっても海外に一人で受講しに行くことへの敷居が高いと感じる人が多いこと。
私だってそうだ。
日本人が何名か集まれば通訳がつくこともあるけれど、それはあくまでもセミナーの中でのこと。それ以外は宿やレストランや町歩きなどは自前でやらなければならないから、グループみんなで行くとかでないと二の足を踏む。
先日のデーン来日の時にも、中国、韓国、インド、バングラデッシュなどアジア勢、欧米人などずいぶんたくさんの外国人が参加していた。

ところが、日本は資格を取るのに熱心な国柄がある。
それ故か、世界中のバーズファシリテーターの中で日本人はもっとも数が多いそう。
となると、1年ごとの更新用件として上のクラス受講しなくてはならないから、需要もある、しかも、9月にはアドバンスボディクラスが開催予定。
この受講資格のためには3デイボディを二回受講しなくてはならないので、これの開催できる人はいまのところ海外の人ばかりなので、これらの3デイボディファシリテーターもこれから続々来日。
日本で受講できることは大変助かることだ。

さらに日本海らのメリット、おそらく現時点で日本在住者の受講費用がもっとも高額であること。
今日現在1ドル110円、アクセスバーズ、ファンデーション、3デイ共に1ドル123円当時の受講費据え置きが先日決まったからだ。

私もこの夏から秋にかけてアクセスバーズ、ボディ、フェイスリフトの各ファシリテータ資格更新が待っている。
さて、さて、いったいどのセミナーを受講して更新用件を見たすべきか、迷うところだ。

ーーーーーー
アクセスフェイスリフト1日講座 
ーーーーーー
4月9日(日)10:30ー17:30
4月25日(火)10:30-17-30
受講費 25,000円 定員4名
そっと手をお顔に触れて29種類のエナジーを流すことで、見た目や考え方を変えていきます。
器具を使うことなく、痛みを与えることもなく、エナジーだけで小顔、フェイスラインや頬骨、美白効果などがその場で感じられる人がほとんどです。
実習の中で2回ずつ受け取る、やるをしていきます。

ーーーーーー
アクセスバーズ1日講座
ーーーーーー
4月26日(水)10:30-17:30
受講費 37,000円 再受講18,500円 定員4名
脳の断捨離、脳内デトックスヒーリング。頭の32のポイントに触れて、脳にたまった不要な情報を削除していきます。
ふだんマルチタスクで頭を使いすぎている方にはもちろん、潜在意識、無意識の中の不要なデータを消去するので気楽になってもっと自由に本来の自分らしく生きることにも役立ちます。また体そのものへもいろいろ変化をもたすことがたくさんあります。

 

アクセスバーズ登録事務作業終わりました

  • 2017.04.06 Thursday
  • 23:50

アクセスコンシャスネスのサイトが4月10日新しいものに移行が完了するということで、昨夜の9時からは映像でやり取りできる日本語の質問のコーナーが開かれて参加しました。

時差の関係からいつも夜に開催されることが多いので、私はお風呂上がりのすっぴん&パジャマ姿ゆえに最初に立ち上げた時に自分の映像を見て慌てて映像をカットして声だけの参加に帰るのは常の事^^;

新しいサイトに関して使い方のユーチューブも色々と上がっているとのこと、世界の中でいまだに日本人のバーズファシリテーターが最も多い人数だそうで、あるCFさんからは、英語だからと言って私一人が出来なくても〜と言わずにちゃんと自分で確認して自力でやってくださいね〜との忠告もFBグループでされていました。

 

という訳で、今日はアクセスバーズ講座が終わって、移行前に何とか事務登録作業を終えておこうと、今まで必死で今日のバーズはもちろん、3月に開催したセミナーのリストの打ち込みやっておりました…。夜なべ仕事や〜

何とか完了して、少し安堵。

 

3月にアクセスボディを受講いただいた皆さん、音源ももう少しで送れますからちょっとお待ちくださいね。

 

最近はアクセスバーズ受講される方もレイドウレイキ以外の方も増えてきて、そのため二回目、三回目の受講の人も来られます。

教えているバーズファシリテーターによってやり方についても本当に様々で、時々「え???」と思うようなことにも出会います。

それで、これは〜ちょっとと思う時にはなるべくアクセスコンシャスネスの本部スタッフとの日本語での質疑が出来る時を利用して直接確認をして適切にかつ自信をもってお伝えできるようにしています。

バーズは1回だけで理解しにくい部分もたくさんあります。

というのは、アクセスバーズの技術面だけでなく、アクセスコンシャスネスの基本的な考え方の土台もマニュアルには入っているので、その両方を同時に理解しきれないのだと考えます。

なので、一回目で分からないことがあってもいいのです。

そして、アクセスバーズの場合はどのファシリテーターから学んでも、再受講価格が設定されているので、お手軽に二回目以降の受講ができますので、別にファシリテーターにならなくても再受講で役立つことはたくさんあると思います。

今回の方も、ファシリテーターになるつもりはなくて受講して下さったのですが、はたでみていても自信をもってバーズセッションが出来るようになったのを感じました。

 

次回のアクセスバーズ講座は4月26日です。

そして、アクセスフェイスリフト講座は、4月9日と4月25日にあります。

それ以外のアクセスボディ講座など、全てリクエスト開催が可能ですから、学びたいものと希望日をいくつかいただければ開催可能となります。

どうぞお気軽にリクエストくださいね^〇^

 

4月フェイスリフト講座開催決定分

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 23:59

アクセスフェイスリフト1日講座を開催します。

★4月9日(日)10:30-17:30

★4月25日(火)10:30-17:30

   受講費25,000円 

定員4名で少人数でしっかり学べます。

アクセスフェイスリフトの特徴は何といっても道具を使ったりすることなく、マッサージなどの手技でもなく、そっとお顔やその周辺に手を当てたり、かざしたりして、エネルギーを使ってフェイスリフトアップや顔のブライトアップなどが起きることです。

全く痛みもなく辛さもなく変化が起きる事ってすごいなと思いませんか?

これぞエネルギーのなせる業なんです、とてもナチュラルにかつパワフルに何かが起きるのです。ここでは、何をこうするという形の設定はありません、さらに内面的な変容もあります。

それは無意識の中で起きている、ものの見方を変えることで意識と見た目が変わっていきます。

外見は講座の中で二回実習をしているだけでも変化します。内面の変化の自覚はすぐにというよりも自然と「何か」が変わっていったことに後から気づくという独特の抜け感があります。

そのために29種類のエナジーを使用します。

たくさんのエナジーラインに働きかけて、不要なエナジーを削除放出していき、顔だけでなく体にも働きかけます。

 

日程希望のある方は、上記以外でもリクエスト開催出来ます。

お気軽のお声かけください。

伊豆高原リフレッシュ休暇行ってきます

  • 2017.03.31 Friday
  • 09:29

平日のアクセスバーズ1日講座、4月6日(木)と、4月26日(水)に開催決定しています。

それ以外にもリクエスト開催可能です。

アクセスエナジェティック・フェイスリフトは4月9日(日)に開催します。

 

今日から私はリフレッシュ休暇をいただきます。

勝手にリフレッシュ休暇という名称にしておりますが、伊豆高原で保養と少々のダイエットと桜と温泉を楽しむ予定です。

旅の御供はというと、パソコンとアクセスバーズ、3DAYボディ、COPのマニュアルです^^

宿泊先は普通のホテルとかではなく断食合宿を主にしているところですが、低糖質の食事や健康食などの選択もあるのでそこにしてみました。なので、私の意識はダイエット合宿と言うよりは、まず保養と小食を目指そう位の軽〜い感じです。

昼間は桜と大室山(天気良い日を選ぶ)、近くの海洋深層水を使った温浴施設に行き、お化粧せずに過ごします。

同じ場所に泊まって個室での夜はゆっくり勉強するにはぴったりな時間も過ごせそうだし、そんな感じで4日間過ごして来ます。

ではこれから出発!GO!です。

「行ってきまーす」

 

ランしているのか分からない?

  • 2017.03.30 Thursday
  • 23:03

素朴な疑問、

アクセスバーズとかボディとかやっているけれど、ランしているのかが分からないという方がいます。

エネルギーが動いているかどうかってことなのだけれど、「ラン」という言葉が人によっては何かランはランなりの特殊な動きというかエネルギーという言葉との違いがあるのかと思う人もいるようです。

 

それに、色々なボディのメニューがあるのだけれど、同じ手を当てるだけなんだから、どうして違う訳?という素朴な疑問のかたもいます。

これはアクセスボディに限らず、レイキや他のハンズオンほぼ共通の見た目で分かりずらい部分です。

手を動かしたりするいわゆるマッサージとかタッピングとか、そういうものだと動きがあるので違いがあると思う人もいるようです。

手当って、ただ手を当てるだけの‶静止画像”なので、傍からみて、なにが違うのか分からないということです。

そういえば、西洋からレイキが逆輸入されて日本で普及が始まり少し経ったころ、テレビ局か何かの取材電話があった時に

「あの〜、それでこれって絵になりますか?」という質問をされて、思わず私、

「うーん、止まってただ手を当てているだけですが…」と商売っ気なく答えてしまいました。

結局取材は来ませんでした。

そんな点からも、海外で普及されているレイキの場合ヒーリングの時に、レイキ以外のグッズやエッセンスオイルや太鼓や鈴やクリスタルや色々なものを加えて目立つように派手にしたり、もっとパフォーマンス的にヒーラーが手足を動かしたりしたり、あと、宗教的な真言やマントラをそのまま唱えたりすることもあります。

NHKで放送された時、セドナで日本発祥と説明を受けて霊気療法を受けている姿などもかなり派手目に演出されている感じで、太鼓をたたいたりして、レイキ以外のものもいろいろと入れた映像でした。

 

話がずれましたが、同じ手を当てている図の中で、不思議なことに違いのある目には見えない「エネルギー」というものを扱っているのが、レイキ(レイドウレイキ)であり、アクセスバーズやアクセスボディなのです。

 

ところで、私は3月31-4月4日リフレッシュ休暇で不在です。

セッション講座共にお休みです。メールなどは確認できますがいつもよりも返信は遅くなるかもしれません。

 

★★4月アクセスバーズ・ボディ・フェイスリフト予定★★

4月6日 アクセスバーズ1日講座 

4月9日 アクセス・エナジェティック・フェイスリフト1日講座

4月16日 14:00-17:00 フェイスリフト復習ギフレシ会

      (*ヒューマン&トラスト研究所でフェイスリフトを受講した方、限定の復習会とギフレシです)

4月22日 アクセスバーズ1日講座

4月26日 アクセスバーズ1日講座

 

-------------

カルナレイキセミナー開催します

-------------

教室は問いませんがレイキ3卒以上で、マスターシンボルを対面で受けている方、認定証のある方

レイドウレイキでいうとレイキ3a卒以上です。

4月13日 カルナ1

4月18日 カルナ2

4月19日 カルナマスター 

 *カルナマスター受講資格は臼井レイキマスターティーチャー レイドウレイキで言うとレイキ4a卒です。

 

 

デーモンの消去と根絶、講座を受講して

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 14:01

昨年から計3回、クローズで特定の方を対象として開催してきたアクセスボディの「デーモンに寄生された器官の消去と根絶と、人生を誘導する可能性の復元」の講座とトピックスのワークショップ。

この三回を通して私もうんと学ばせていただけた気がします。

霊的なことを扱うことは、別に何とはなく、とても軽いことですという考え方も大事ですが、時には非常に危険も伴うものだということを経験を通して知っていましたので、注意深く気づきの中でこのことを運用することは、今でも大事な事ではないかと考えています。恐れではなく、気づきとパワーが必要です。

 

自己存在(Being)と自分の体を感じた時に、大きなものから小さなものまで、自分以外のエナジーに浸食されていることは多々あるので、デーモンの講座を通して、それをクリアにしてまさに自分という存在(Being)になる事の一助になるかもしれないとも感じています。

 

3月の講座に参加いただいた方から感想、そして、メッセージをいただきましたので、ご紹介します。

--------------------

先日はデーモンの講座に参加させていただいてありがとうございました。

前から気になっていたデーモンの講座。
1日講座でしたがほんとうにあっという間の時間で、でも濃密な、なんだか時間の流れが違う別次元の時間の空間に入り込んだような不思議な感覚でした。

デーモンの講座はもっとおどろおどろしい怖いものかと思っていたのですが
(あ、もちろんそういうものもあるかとは思いますが……)
明るく朗らかな小川先生のわかりやすいご説明で、怖いものばかりでないこと、ささいなかけらでも自分の弱いところに引っ掛かったりして作用することを知りました。

 

前日まで体調が悪く、参加できないかもと思っていた体調もヒーリングしていただいて、おかげさまでとても楽になりました。

近頃、私自身や周りでいろいろな変化が起きている時期なのですが、このタイミングで、
「イクジットステージ」、「神経再生の活力」、「デーモンの消去と根絶」と続けて受講できたこととても幸せです。
いろいろ活用してもっともっと軽くなりたいです!(笑)

ご一緒させていただいたみなさんからも貴重なお話をうかがえて楽しく、また勉強になりました。
ありがとうございました。

最後になりましたが
上手くお伝えできないのですが……

ご自身のもっていらっしゃることを真摯に、あますことなく、またわかりやすく愛情いっぱいにお伝えてくださる青木先生、小川先生には心より感謝しております。

ありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

---------

そして、こちらのブログにも感想を書いてくださった方がいます

幸力の会ブログ
 

FBのコメントでも整体ボディケアのお仕事をされている方から活用の感想をいただきましたので、紹介します。

「デーモンの消去と根絶」は、特に仕事の合間の待ち時間でつかうのですが、回復が早いです。

それと「視力矯正」今日お客様に少し使いましたが、こちらも反応凄かったです。アクセスも凄いスキルですね(o^^o)

 

*****************

受講いただいた皆様本当にありがとうございました。

ご縁とタイミングで、この企画の講座&ワークショップに出会っていただきました。

 

 

デーモン完了!今後のクラス案内

  • 2017.03.26 Sunday
  • 18:21

アクセスボディのデーモンとプラスアルファでのエンティティ関連のトピックス、今日で完了しましたぁ〜^^

前回の時とも違うクラスになり、今日の4人の共通テーマは「股関節」

デーモンやエンティティは体の弱いところとかに入り込みやすいので、そこのたくさんの細かなものなどを解放して軽やかになっていかれました。

クローズクラスでしたが、その分、エンティティについて伝えておきたかったことを私なりにまとめ、クリアリングステートメントもたくさん使ったりしました。

昨年、そして3月の二回の開催に参加いただいた皆様ありがとうございます。ぜひ、ご自身の自己浄化の為に、そして身近な人の為に出来る範囲の中で活用ください。

4月以降は、もし開催するとしても通常のデーモンのクラスにします。

が、しばらくは他のメニューも色々とやる予定です。

3月〜4月にかけての私の担当するセミナー開催についてHPが追いつかない部分もあるのでこちらで掲載します。

 

★★3月・4月アクセスバーズ・ボディ・フェイスリフト予定★★

3月28日 アクセスバーズ講座

3月29日「アナフィラキシーショック&クアドレートラクゼーション」「DMMD」アクセスボディ講座

3月30日「視力矯正」と「MTVSS」アクセスボディ講座

 

3月31-4月4日 *不在です。セッション講座共にお休みです。

 

4月6日 アクセスバーズ1日講座

4月9日 アクセス・エナジェティック・フェイスリフト1日講座

4月16日 14:00-17:00 フェイスリフト復習ギフレシ会

      (*ヒューマン&トラスト研究所でフェイスリフトを受講した方、限定の復習会とギフレシです)

4月22日 アクセスバーズ1日講座

4月26日 アクセスバーズ1日講座

 

-------------

カルナレイキセミナー開催します

-------------

教室は問いませんがレイキ3卒以上で、マスターシンボルを対面で受けている方、認定証のある方

レイドウレイキでいうとレイキ3a卒以上です。

4月13日 カルナ1

4月18日 カルナ2

4月19日 カルナマスター 

 *カルナマスター受講資格は臼井レイキマスターティーチャー レイドウレイキで言うとレイキ4a卒です。

 

永平寺の修業僧の衣食住

  • 2017.03.25 Saturday
  • 19:27

昨日の続きで永平寺の修業僧の衣食住。

永平寺内では写真撮影はフラッシュなしなら大丈夫ですが、僧侶の写真を撮るのはダメです。なので、朝のお勤めの美しい所作や大好きな衣の写真は撮れません。

私はあのお坊様の黒い衣がすごく好きです。うっとりして思わず触れたくなるくらい(が、修行中の僧に触れるのは失礼なので触れませよ〜)

僧侶の衣には、紫や赤、金ぴかのも色々とあるけれど、あの墨黒の色の衣に何とも心惹かれ、本当は自分がまといたいくらい。

きっとどこかの時代にそんな姿をしていたのだろうかと思う。きっと一度でも着てみたら満足するだろうなと思うのだけれど。

その衣ですが、全てが規則に従い、食べるものなども自由にはできないけれど、着物はある形や種類は決められているものの、着物の色などは自由にできるそうです。

それで、黒い衣の下の着物はそれぞれに個性を表しているのです。

素材は綿、麻、絹などだそう。(やはり天然繊維なのかぁ)、色は原色の赤などはもちろんダメだけれど(理由:目立つと先輩に怒られるから)、グレーや辛子や紺や赤系統などで自分らしさを表している場所らしいです。

確かに、よく見れば、皆違う着物を着ているのが分かりました。

そして、下着はみんな白と決められていて、素材などはどんなのでもOK。

冬はヒートテック、夏はエアリズムなども着るそうです。僧衣は、特に梅雨時などは本当に暑くて大変だそう。

そして、修行僧も一応日当がついていて、といってもわずからしいのですが、それを貯めて衣を買ったりするそうです。

一年目は差し入れもダメで、二年目になると差し入れがしてもらえるそうで、下着などを差し入れしてもらうそうです。

上に巻きつけている袈裟はふんぞうえ(糞掃衣)といって、もともとは、お金のない僧侶が死体から衣服をはいで継ぎはぎしてまとうものを作り、それで、お尻を拭いたり、顔をぬぐったり様々なことに使ったことから来ていると説明を受けました(所説あるようですが)。そのために、今でも継ぎはぎをして作られているとのこと。

象徴的な「とても大事なものです」と言われていました。

 

その僧の来ているものは、上に巻きつけている袈裟が、黒いか、黄色いかなどで位を表しています。

そういえば、以前に坂東33観音様のお参りの時にも、案内してくれたお坊様が、新しく僧侶が入って来た時に、来ている衣ですぐに自分の上か下かが分かって、対応がそれで変わるんですと言っていました。

ものすごい縦社会です。

永平寺もそれはすごいらしく、先輩、後輩はもちろん、あとは学歴社会でもあります。

永平寺で修行をすると住職の資格が得られるそうですが、大卒だと1年、高卒は3年、中卒は5年の修行が必要、ただどれくらいそこにいるかは自分で決めるそうです。

 

とても印象的だったのは、永平寺の正門と言えるところの話です。

初日に案内無しで回った時に、ちょっと不思議に思った場所でした。左右に仏教の守護神である四天王がいます。

ここは、一般の人は外に出られず、先には鐘楼がありました。これは除夜の鐘で有名な大梵鐘です。

案内を受けて、ここが修行僧にとって非常に大切な場所であることが分かりました。

山門にあたるところです。

一生の間に二回しか通れないのです。

 

初回は永平寺に入門するとき。得度はすでに終えて、その後、志願書を提出して許可されたものだけがここに並びます。

すげ傘をかぶり所定の状態で入門を許可されるのを待つのです。その時に恰好は手足が出ていて、いわば半袖半ズボンみたいな格好状況。真冬の雪深い中でも、この前で立って先輩が迎えに来るのを待つそうです。

それがなかなか来ないで、1時間半くらいはゆうに待たされて、中にはここまで来ても、待ちあぐねて途中で帰ってしまう人もいるそうです。

やっと先輩が迎えに来た時には体が凍り付いて足が前に出なかったと、つい一か月前に入ったという修行僧が言っていました。

そして、もう一回は修業を終えて山を下りる時、そして二度目の修行はないそうで、本当に一生に一回の大決心ということです。

 

入門者はほとんどが家がお寺らしく、少数ながらそうでない人もいるという状態。

家を継ぐために来るとはいえ、やはり大変な事ですね。

 

2年目になると差し入れが許されるようになるそう、差し入れと言ってもお菓子とかお酒とかはもちろんダメなんでしょう。

下着とかが嬉しいと言っていました。通信手段は手紙、電話や時計も持たない完全なアナログで、手紙もちゃんと筆で書くそうです。そういう道具も差し入れになるのかもしれません。

外からの連絡手段も手紙になるので、時々家族や友人から手紙が来るとはやり嬉しいですと言っていました。

やはり人の子ですね。

説明してくれた修行僧は、自分も来る前にはロン毛(?)でファッションに気を使って、友達とラインして、肉食べて、普通にちゃらちゃらしていましたと言っていました。

そう言いながらも、お客様が多い時には睡眠三時間で食事をつくったりしていたそうで、たやすく出来る事ではありません。

そして、超体育会系かつ学歴社会と同時に、毎日参拝に来るお客様・観光客という下界にいる人を見つつ気持ちは行ったり来たりすること自体が最大の修行なのかもしれないな〜と思いました。

それにしても、最近の私は「女は修業がいらない」を思う訳です。

体を張ってとか、怒鳴られたり、どつかれたりすることは、現代的な魂の修行からはかけ離れています。

もっと、違う方法で霊性を開花させていく女性性からの魂修行のアプローチがあっても良いのではないかと感じるのです。

なので、私はもうあんまり辛い修行はパスして、天界に戻るまでに浄化、浄化で行きますよ〜!

 

★★3月・4月アクセスバーズ・ボディ・フェイスリフト予定★★

3月28日 アクセスバーズ講座

3月29日「アナフィラキシーショック&クアドレートラクゼーション」「DMMD」アクセスボディ講座

3月30日「視力矯正」と「MTVSS」アクセスボディ講座

 

3月31-4月4日 *不在です。セッション講座共にお休みです。

 

4月6日 アクセスバーズ1日講座

4月9日 アクセス・エナジェティック・フェイスリフト1日講座

4月16日 14:00-17:00 フェイスリフト復習ギフレシ会

      (*ヒューマン&トラスト研究所でフェイスリフトを受講した方、限定の復習会とギフレシです)

4月22日 アクセスバーズ1日講座

4月26日 アクセスバーズ1日講座

 

-------------

カルナレイキセミナー開催します

-------------

教室は問いませんがレイキ3卒以上で、マスターシンボルを対面で受けている方、認定証のある方

レイドウレイキでいうとレイキ3a卒以上です。

4月13日 カルナ1

4月18日 カルナ2

4月19日 カルナマスター 

 *カルナマスター受講資格は臼井レイキマスターティーチャー レイドウレイキで言うとレイキ4a卒です。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ランキングに参加しています。応援のクリックいただけると嬉しいです

ツイッターにも連動してます

divineheart22をフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
青木 文紀
ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM