スポンサーサイト

  • 2020.02.10 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    認知症へのアクセスコンシャスネス的アプローチ

    • 2019.05.29 Wednesday
    • 16:11

    アクセスボディ講座参加者募集中

    【6月8日(土)】

    ★「遺伝的で強制的な疾患の消去と根絶のためのソース・フィールド」

     10:30-13:15

    ★「生産的セクシャルエナジーの反発への磁気的引き付け&全ての具現化された生産的セクシャルエナジーの復元」

     14:30-17:30

    受講費 2つで26000円 1日で2つを学ぶことが出来ます。

     どちらかだけの受講も出来ます、ひとつ13000円です。

    --------

    今日はアクセスボディの「遺伝的で強制的な疾患の消去と根絶のためのソース・フィールド」について書かせていただきます。

    以前に母がまだ生きている頃、認知症に関して、アクセスコンシャスネスの創始者であるギャリーさんに質問をしたことがあります。

    ギャリーさんからの答えは

    「何もない」

    でした。

    「生きている世界が違う、違うところに逃げ込んじゃっているから」とのこと。

    この人生を生きる選択から逃れているから、確かに認知症の進んだ今は亡き母を見ていて、もうここに居ないと感じることがありました。

    ただ、かなり進んでからの話であって、認知症の初期の状態であれば、レイキやアクセスコンシャスネスのバーズやアクセスボディのトライフォールド・シークエンシング・システムや回路網、フェイスリフトなども功を奏することがあるのを知っています。

    ある弱って来て老け込んだ高齢のお母様のケアのためにバーズを習った姉妹の方が、毎日毎日誰かしらセッションをしたところ、とても元気を取り戻してくれたという話もあります。

    弱って来たサインは大分前から出ているだろうから、その時から何かしたのケアをしていくことは、その後の状態に大いに役立つのではと考えています。

    特に何かショックなことがあったり、全身麻酔をかけるような手術をしたり入院を余儀なくされるような状況があった後には、認知機能が落ちる事があります。その時にはとにかくレイキやアクセスなどのエネルギーワークも加えてあげるのは良き方法です。

    そうすると、感情や感覚が戻ってきやすくなります。

     

    私は亡くなる数か月前にアクセスボディのあるプロセスを母にランしましたが、それ以外はケアにはほとんどレイキを使っていました。ただ難しい点があって、レイキをするといつもと違う何かが起きます。それで例えば介護をしている人にとってはちょっと困ったことが起きたりすることもあります。自分がそばにいて見てあげていないと色々と家族との関わり上の事がありますね。

    かなり進んだ状態の時にでも、感情が呼び覚まされるようで、笑ったり泣いたりの感情が表に出て来ました。

    エネルギーワーク、ヒーリングの成せる変化なんだなと経験させてもらいました。

     

    それは父も同様で(その頃にはアクセスバーズを知らなかった)父には最期までレイキをできたのが私にとっては本当に救いでした。レイキを流すことで血圧や酸素の状態が良くなるのでやっている私も驚きましたが、ホームの部屋で父にレイキをしながらお話をしたのはレイキを学んでいて本当に良かったと感じる出来事でした。

    あくまでも私の正直な気持ちとしては、亡くなる直前にはもうレイキの方をお勧めします。

    それまでの緩和ケアや自分で体を抜ける力を呼び覚ますにはアクセスコンシャスネスの良いプロセスもたくさんあります。

     

    あ、話が逸れましたが、ギャリーさん曰く、認知症への最適なプロセスは何もないと言われていた認知症の方へよさそうなボディプロセスですが、

    ひとつだけその言葉が出てくるボディプロセスがあります。

    それは

    「遺伝的で強制的な疾患の消去と根絶のためのソース・フィールド」というアクセスボディです。

     

    認知症だけでなく、双極性障害、パーキンソン、統合失調症、そんな言葉にピピッと来たらこのプロセスは役立つかもしれませんね。

    医学的というよりも、遺伝的にそうなっていくと組み込まれてしまっている思い込みなどを解放するのにもよいのだと思います。

    お母さんも、お祖母ちゃんもこうだったからとか、○○の家系だからとかそういう痕跡がオーラフィールドにこびりついているのにもいいじゃないかなと思うのです。

    私も母が最後の数年間が認知症でしたので、自分が年齢を重ねた後に「そうなりたくない」という抵抗もあるので、このプロセスは役立つ面ある気がします。

    これは習った人が実際にやってみて、どうランするか、ぜひぜひ体験してみて欲しいところですね。

     

    下記のアクセスボディ講座も開催します。

    【アクセスボディ講座】

    6月9日(日)

    ★「薬物に誘発されたシナリオ・完璧主義と狂気のTSS」

      10:30-13:00

    ★「BMM」

      14:30-17:00

    受講費2つで26000円、どちらかだけでも受講できます。13000円

     

    いつもありがとうございます。 ランキングに参加しています。 今日もプチっとお願いします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2020.02.10 Monday
    • 16:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      にほんブログ村のランキングに参加しています

      ツイッターにも連動してます

      divineheart22をフォローしましょう

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
      ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
      青木 文紀
      ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM