モアナと伝説の海

  • 2017.04.30 Sunday
  • 22:48

自分の事を一人でも理解してくれる人がいたら幸せだな〜、としみじみ感じた今日。

久しぶりに川崎のチネチッタで「モアナと伝説の海」、とてもいい映画でした〜!!

続々と新作が出てくるので、これは行っておかないと観そこなうぞということで、ゴールデンウィークの日曜日ということもあり前もって予約をして行きました。会場は小さなものになっていましし、子供ずれも多くほぼ満席でした。

その子供達も最後まで全く騒ぐこともなく見ていました。

それだけストーリーも分かり易く、そして心洗われるものがありました。

 

終わってからの親子の会話

子供「私泣きそうになっちゃった〜」

私は、その言葉を聞いて、小学校3年生の時に、宝塚歌劇団の公演に行った時に、いわゆる人情モノに思いっきり泣いたのを思い出しました。

また別の会話

お母さん「わかった。ココロをね、なくしちゃうとコワくなっちゃうんだよ」

 

「ココロ」って何なのでしょうね〜。

お母さんにとっての「心」一体何で、その子供さんにとっての「心」は一体どんな風に考えていたのだろうか?

と、ふと思ったりもしました。

 

実は、こういうストーリーに感動したり心洗われるのには、「捨て子体質」が大いに関係しているのです。

過去世で捨てられた経験や捨てた経験、記憶の中で捨て子を見たり話を聞いたり、そういうトラウマが動くんですね。

 

同時に、人生の中で、ひと時でも誰かに理解された、誰かに守ってもらえた、愛された記憶があることは本当に大事なことです。

ある一瞬であれ、それが魂に刻まれていると、生きていくのが少し楽です。

JUGEMテーマ:スピリチュアル

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

にほんブログ村のランキングに参加しています

ツイッターにも連動してます

divineheart22をフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
青木 文紀
ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM