50代向け商品がぞくぞく登場!

  • 2015.01.22 Thursday
  • 13:55
人口の多い団塊の世代向けの様々なサービスや品物が出ていますが、それらは健康な老後を目指しての健康関連のモノが多いような気もしますし、同時に、旅行などある程度健康で動ける人向けのモノもたくさん出ています。

そのような中で、最近気にあるのは50代以上向けのものが増えてきたこと。
私は少しだけ痩せると、洋服の着られる幅がうんと広がるので、急にオシャレに気持ちが動きます。その延長戦でファッションだけでなく、お化粧にも気持ちが動きます。
なので、いつもは買わないようなブランドのメイクアップ用品とかちょっと買ってみました。

少し前には55歳という年齢をターゲットにして花王ソフィーナからでた新50代向け化粧品では、女優(お笑い?)の久本雅美さん56歳がイメージキャラクターになっています。
「私が化粧品のコマーシャルに出るなんて思わなかった」という言葉が印象に残っています。
黄ぐすみしがちな肌をパッと明るくするというのがポイントでした。

さらに、1/21に資生堂からプリオールという50歳以上向けの化粧品ラインナップが発売されました。コマーシャルには55歳の原田美枝子さんと69歳の宮本信子さん。
ポスターが結構インパクトがあって、ワイン色ベースに大きめの字、しかも、40代50代が気にしている「ほうれい線」を隠すというという魅力的なメッセージも。
実はいままで全く気にならなかった私も、ここ1年でほうれい線がちょびっと気になるようになってきました。
という訳で、1/21より前に売り出していたイトーヨーカ堂で、ジェルBBクリームをすでに使ってみています。結構いい感じです。
資生堂は結構力入れていますね。
基礎、メイクアップから、シャンプーまで一気に発売されました。
どれも、あまり手間をかけずに出来るという忙しい50代向けの時短を考えているなと感じます。

ちなみにカネボウは戸田恵子さん57歳を起用して、カバー力の事をうたっています。
昔と違うなと思うのは、色々な化粧品ラインナップ、昔は価格でわけられていて、年齢が上がるにつれて高いものを勧められる感じでしたが、今では、年齢にかかわらず色々なラインナップが組まれていますね。
先ほどの花王ソフィーナのメイクアップ用品も、若いラインの井川遥さんとかのものと価格帯は変わらないので、年齢だから高いものを使うという発想は消えているのだろうなと思います。
でも、高い化粧品、特にメイクアップ用品の高いのはやっぱり何かが違います。
おしろいやアイシャドー、チークなど、粉系のものは粉の粒子の細かさの違いは明らかだなと。

こうやって50代向けの品物が増えているのはなぜなのかと思ったら、
資生堂によると、全女性人口に占める50歳以上の女性の割合は、2010年で46.1%だが、2019年には50.2%に拡大して過半数を超えるそうです。
そういう訳なのね。。。

50代、レイドウレイキを学びに来る方も50代の方とても多いです。
今の、50代は、仕事に、子育て(20歳過ぎても独立結婚していない人も多いので)、孫の世話、さらに舅姑、父母の世話と、ものすごく忙しいんですよーー、
中にはこれ全部やっている人もいます。
そういう中でも、自分磨きに目を向ける素晴らしい人たちです。
それに、みんな若いです!
輝け50代!!!
JUGEMテーマ:健康アイテム
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

にほんブログ村のランキングに参加しています

ツイッターにも連動してます

divineheart22をフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
青木 文紀
ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM