もしかして洋猫の血?クロロのの毛色

  • 2009.12.09 Wednesday
  • 14:42
JUGEMテーマ:にゃんこ
JUGEMテーマ:ペット
愛猫のクロロは黒猫ですが、東洋人の黒髪、いわゆる「カラスの濡れば色」の黒光りするような色とは違います。
日の光があたると、黒に近い焦げ茶色みたいに見えます。

Image3381.jpg

先日、津川雅彦さんが娘さんにプレゼントした黒猫の話がありました。
洋猫の特別な黒猫で、やはり真っ黒ではなく、茶色掛かった黒だと言ってました。そしてよく鳴くらしい!

クロロもよく鳴きます。しかも特大の声で鳴きます。
「わォ〜、わォ〜」と吠えるように鳴きますし、しかもちょっとガラっとした声です。
ある人が「うちの猫は、シャム猫の血が入っていて、結構声が汚いのよね。。。」と言われていたのを聞いたことがあります。

クロロは私が出会ったときには外暮らしだったので、最初の頃は白髪も結構ありました。だからお婆ちゃん猫かと思っていました。
(実際は獣医さんに連れて行ったときに2-3歳と診断されましたが。)

それが、お家で暮らすようになってから、白髪はすごく減りました。
ペットシッターさん曰く、
「そんな馬鹿なことはない、白髪が減るはずがないし、年をとってくると髭から白くなるはずだ」と言われましたが、
レイキヒーリングをやっている人で髪の毛が黒くなった人がいるのも確かなので、アニマルヒーリングを受けているクロロにこういうことが起こったって
不思議ではないと思っています。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2010週めくり 岩合光昭×ねこ(Yama-Kei Calendar)岩合光昭山...
  • アマゾン情報局
  • 2009/12/09 9:13 PM

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ランキングに参加しています。応援のクリックいただけると嬉しいです

ツイッターにも連動してます

divineheart22をフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
青木 文紀
ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM