お盆に戻ってくる猫

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 22:22

今夜は京都五山の送り火の日。

「今年はダイ、戻ってきているよ」

8月14日お盆中の猫パーティーの日、私が初めて対面のアニマルコミュニケーションを見学させてもらった時に観てもらった雄猫の大ちゃんだ。

その方とはその後会うことはなかったけれど、名古屋のレイドウレイキマスターでマリチ真理(山田真理子)さんに講師に来ていただき、ヒューマン&トラスト研究所でアニマルコミュニケーションのセミナーが開催され、それをきっかけに皆さん本当に素晴らしい才能が開花しました。その後に、フォローを兼ねて勉強会をしたりしました。

もともとサイキックな人は、あっという間に素晴らしいACの使い手になります。お仕事にされている方もいますが、勉強会の中で亡くなった飼い猫と感動的な出会いをされた方もいます。

私も、その時にすこーしだけ出来るようになりましたが、でも、それをプロでやる程の発展はなく、遠隔アニマルヒーリングの折に必要に応じて役立てている位なので、ちゃんとお話をして欲しい場合には、前述のマリチ真理さんや、旭川在住のmicoさんなど何人かの私が知っているアニマルコミュニケーターさんをご紹介しています。

 

それにしても、まさに、目に見えないスピリチュアルな世界だな〜、久しぶりに戻ってきた大ちゃんはもっと前に亡くなった猫ちゃん達を連れて戻ってきたそうです。「○○は戻ってきてないの?」と聞くと、「あの子はまだ来れないみたい」との答え。

同じように成仏?した猫やきっと人もと思うけれど、自分の意志で降りてこれるエンティティ(霊・存在)と、そうでないエンティティがいるのでしょうね。

そのために、お盆の時には迎え火をして送り火をするのでしょう。それによって、先祖が降りやすくなるのだなぁ〜と。

とはいうものの、本当はね、呼べばこちらに呼ぶことが出来るんだよね〜

*イラスト・写真はNAVERまとめより転載

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

 

恒例猫パーティー^^

  • 2017.08.14 Monday
  • 09:42

今日はレイドウレイキマスターであり、私がアニマルヒーリング講座を開催しるきっかけになったとも言える猫の大先輩、そして、今では大事なお友達の二人の方との猫パーティーです。

お互いに超多忙なため三人が会えるのはお盆と年末年始くらいなので、その時に猫が20匹くらいいるS邸でランチタイムから夜までずっとご飯やお菓子にお茶で猫談義。一時はお互いに両親の介護や看取りなどもあり、そんな話が多かった時もあるし、また、スピリチュアル界の話が出ることもあります。

今日は猫パーティーの前にアニマルコミュニケーションをお願いするためにいつもよりは早めに行ってきます。

それに合わせて飼い主さんから女子力高い可愛いお菓子をいただきました。可愛い〜、どんなお味か食べるの楽しみです。

さらにシンガポールの紅茶、すごく香りが良くて優しい美味しい味なのでおすそ分けします。

こちらは美容鍼灸さくらの瀬尾さんからの頂き物です。

瀬尾さんのインタビューでpodcastやっています。

では〜、これから行ってきます^^

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

 

猫がためらいなく食べる時

  • 2017.08.10 Thursday
  • 19:44

アニマルヒーリング講座や遠隔アニマルヒーリングをしていて、ペットの飼い主さんがとても悩むことは、ペットの食欲が落ちてご飯を食べてくれないということです。

自然療法的に言えば、病気の時など食事をとってそれを消化するロスを防ぐために安静にしているのが良いという考え方もあります。

なので、数日ならそれも有りだと思います。

しかし、色々な物の見方考え方がありますが、食事を摂らないとなるとやはり心配になるというのは飼い主さんの心情としては辛いところです。

そこで、強制給仕をすることもあります。この強制給仕と言う言葉は正直あまり良いイメージの言葉ではないので、私はそれをしている飼い主さんには、食事介助をしていると思ってくださいと言います。さらに言えば、強制給仕に関しては、自然の摂理に反するという考えの人もいますし、是非それをしてあげて補助したいという人もいて、それはペットという命を預かっている飼い主さんの責任でどちらを選ぶか選択すればよいことだと考えています。

 

実際には、私が遠隔アニマルヒーリングを送っている方やアニマルヒーリングを学んでレイキをペットにやっている方で、ある一定期間はこの食事介助をして栄養を補給していたけれど、また元気を取り戻して自分でご飯を食べるようになった方が何人もいます。

 

また、ある方は、やはり高齢猫の食欲が落ちてきて、何とか自分でもケア出来ないかとアニマルヒーリング講座を学んでくださったのですが、コツをつかんで上手くアニマルヒーリングをしていただけています。それで、食事を食べなくなっていたのが、また食べるようになってくれたのです。そこで、さらにとレイドウレイキも学んでくれて、レイキ第二段階で浄化をして波動を上げる第一シンボルを使うようになったそうです。

そこで、なかなか興味深い話を聞きました。

 

ペットフードをそのまま出すと、その猫ちゃんは首をかしげるそうです。

そこで、第一シンボルをフードにかけると、すぐにやってきて食べるそうです。

「猫ってエネルギーが分かるんですねぇ〜」

そうなんです、ペットはエネルギーにとても敏感ですね。

飼い主さんの状態にもすごく敏感に作用するし、それだけでなく、周囲の人のエネルギーにも感応するペットがいます。

いつもは平気なので、ある時だけ毛を逆立てられたり、吠えられたりした時にはきっと何かいつもと違いがあるんですよ〜^^;

気を付けましょうね。

 

ところで、この波動という事でとても印象的だったのは、ブルーボトルの水です。

ホオポノポノが流行った時に、ブルーボトルに水をいれて太陽の光にさらすととても良いという話があり、結構実践されていた人も多いと思います。

確か北海道の方でした。私が遠隔アニマルヒーリングの依頼を受けた時点でとても状態が厳しい猫ちゃんで、水を飲んでくれなくなっていました。その時にブルーボトルの水の話をしてボトルを選んで送らせていただいたのです。

それからしばらくして、その猫は亡くなりましたが、後日お礼のメールをいただきました。

普通の水を飲まなくなってしまったその猫ちゃんが、ブルーボトルの水だけは、ためらいなく飲んでくれたと書かれていました。

この場面、実際には私は見ていないけれど、その猫ちゃんが飲む様は明確に浮かんで来て心が動くのです。

 

ご自身のペットや面倒を見ている動物達にレイキを活用したアニマルヒーリングを施したいという明確な意思を持っている方をアニマルヒーリング講座ではお迎えいたします。

 

横浜そごう百貨店で開催中の岩合光昭写真展「ねこの京都」行ってきました。(8月9日〜8月21日まで)

京都の風情とにゃんこのコラボレーション! 

その周りの売り場は猫グッズが色々、猫用ではなく人間用のTシャツとか文具とか小物などがたくさんありました。

8月13日&14日には岩合さんのトーク&サイン会もあります。その時はすごい混雑なのだろうな〜

今日はまだゆっくりと見られました。

可愛い猫写真と大好きな京都にほっこり

 

 

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

 

アニマルヒーリングで食欲回復

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 15:56

レイドウレイキ★アニマルヒーリングを受講いただき、その後、レイドウレイキを学ばれているTさん。

受講の目的は、ずばり、お家の猫ちゃんのため! 15歳、肝臓が悪くて食事があまり取れずに痩せてしまっているとの事でした。

最初に学んだ時には、猫ちゃんが逃げてしまったりしていましたが、だんだんとコツをつかんできて、上手くヒーリングが出来るようになってきて、猫ちゃんもゆっくりと受けてくれるようになったとの事。

そして、食欲がなくなってしまっていた猫ちゃんですが、無事に元気を取り戻して、今ではがっついて食べるくらいになったそうです。

 

そして、パートナーの疲れも癒してあげたいしと、レイドウレイキヒーラー養成も受講しはじめました。

レイドウレイキを第二段階まで学ぶとしっかりと遠隔ヒーリングでエネルギーを使えるようにもなるので、お出かけや入院、旅行などあっても、ヒーリングを送ってあげられます。

また病院に行く前に、そこに遠隔ヒーリングを送ったり、実家やお友達のペットにも気軽にヒーリングエネルギーを使えるようになります。

 

アニマルヒーリング講座は、ペットケアの一環として、自分でも何かボディケアしてあげたい、その中でエネルギー的アプローチとしてレイキヒーリングを活用したい方にピッタリのものです。エネルギーソースとしてレイキと動物が好むエネルギー体になるオリジナルシンボルを使います。

シンボルを使うことは、初心者でも自然に良いエネルギー体を使いやすく、ヒーリングに集中もしやすいです。

また、レイキをすでに学んでいてペットにもやりたい方にとっても新しいシンボルは役立ちますし、何よりも、人間ではなく動物向けにマニュアルも作っていますのでお勧めですよ。

↓↓7月の確定分↓↓

***********

レイドウレイキ★アニマルヒーリング講座

***********

7月27日(木)14:00-17:00 受講費21600円

セミナー時間は3時間、10:00-13:00または14:00-17:00などで設定しています。

日程はリクエストいただきご相談に応じる形で、ほぼマンツーマン研修ですが、時には3人くらいの時もあります。

お一人の開催が決まったら、HPやブログで告知して募集する形をとっています。

 

ところで昨夜は久しぶりに大井町の「お風呂の王様」に行ってゆっくりとお湯につかりました。

夏場は忙しくなるとついシャワーだけで済ませていたのですが、日本人はやっぱり湯につかると幸せ感じます〜

そして、夕食。

★★七夕ちらし寿司★★期間限定7/3-7/7迄です。

 

写真では分かりにくいですが、お星様のゼリーが2つ入っていました。

味付けも私好みで美味しかったです。

超糖質の誘惑に負けた夜でした〜^^;

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

愛猫クロロの命日前にMOA美術館でサプライズ

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 15:21

先に明日の宣伝^^ 

6月22日(木)の午前中10:30-13:30に「LGII(リンパ腺不調和、不整合)」、午後は14:30-17:30で「DMMD」のアクセスボディ講座を開催します。現在午前中3名、午後2名なので、定員4名までお受けします。受講費1日参加22,000円、午前または午後のみ受講の場合は12,000円です。

 

**********

昨日アップした伊豆山神社と一緒にMOA美術館にも行ってきました。たぶん20年ぶりくらい!2017年にリニューアルされてオープンしたとのことです。

20年ぶりくらいですが、エレベーターで上がっていく途中にある万華鏡の映像を見た時に、何だかすごく懐かしい感じがしました。

動画張り付けてみました↓

 

 

館内はとても清掃が行き届いていてきれいですし、スタッフの方々の気持ちも伝わってくるし、これだけの施設を残す源になった岡田茂吉さんという方の美意識が今も息づいているような気がしました。

 

「美人画の系譜 江戸から近代まで 春章・歌麿・松園・深水を中心に」という6/9-7/18まで開催していて、私は上村松園さんの美人画が好きで鎌倉の施設にも時々行っていたので、楽しみました。

 

館内は中高年の4-5人グループの方が結構多くて、皆声高にお話をしていて、私は耳が良くって色々と拾ってしまうので、ちょっとそこは疲れてしまう部分ではありました。

でも施設の外回りのお庭などに行くと緑の鮮やかさとウグイスの鳴き声にホッとして癒されます。

ちなみに、昨日の伊豆山神社はホトトギスの有名な地だったそうで、資料館の方が説明中にホトトギスがちゃんと鳴いてくれて、これ鳴いてと言って聴けるものではないので、素晴らしいです〜と言われていました。

 

話が逸れましたが、MOA美術館は3階から1階に降りてくる感じで展示がされていくのですが、最後のもう一度エレベーターの踊り場の映像が見たくなって、下りエレベーターに乗りました。

すこし見ていると、その映像、真っ赤なハートの次には黒猫の映像が出て来るではありませんか!えーーー^O^

すごい、亡き愛猫クロロだ〜

わーーー、写真撮らなきゃ〜と慌ててスマホだしてみたけれど、もう次の画面に映る寸前になってしまいました。

分かりますか〜、黒猫の形が変形して行って、もうほとんど分からないかもしれませんが…

その後に行った伊豆山神社から走り湯までの道のりで、いろんな猫さん達にもであえて、そして黒蝶もやってきて、そう、クロロの命日がもうすぐなんですね。

アニマルヒーリングの為の素敵なシンボルを、私に、そしてレイドウレイキ★アニマルヒーリングを学ぶ人とペットの為に天界から降ろしてくれたクロロ、ありがとう!!大好き!!

 

ところで、今日は東京もすごい雨、浜松の雨の状態をみて交通に乱れも出ているし、安全に留意してお過ごしください。

 

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

 

猫ちゃんワンチャン、ともに逝く

  • 2017.05.25 Thursday
  • 18:40

最近近しい方のワンチャン、そして猫ちゃんが他界しました。

どちらもあっという間に旅立ち。

それが悪い事なのか良い事なのか、ワンちゃんは16歳、猫ちゃんは10歳は超えていました。

10歳は若すぎると感じる人もいるかもしれないけれど、それまで外に飛び出してしまい感染症にかかって皮膚がただれてしまったり、家に戻らなかった生活を考えると、そうでもないなと思ったりもします。

人間でいうと猫の10歳は還暦を越えていますし、何よりも最期はお家の中で亡くなったので、それが何よりだなと思うのです。

最期の30分程前、ちょうどメールが来て、看取りの為の遠隔ヒーリングを送らせていただきました。

そして、その子は旅立ちました。

お家で亡くなったお蔭で、ちゃんとお骨になって家猫として戻ってこれました。

今は猫の完全室内飼いをされる人が増えましたが、フラッと出て行ってしまい、猫山に修行に行ったんだな〜とのんびりと言える時代ではなくなっています。

ペットとの別れ、消息不明というのがある面一番つらい事だったります。

生きているのやら、死んでいるのやら、そんな思いをずっと引きずることなく、ペットの看取りが出来たことは幸いです。

どんなに手を尽くしても、どんなに長生きしても、別れの後は寂しさと悲しみはありますが、ありがとうと天界に戻してあげましょう。

そうすれば、そのこはまた次の生を生きるチャンスを持つことができます。

同時に、いつでも私たちのそばにも来てくれます。

 

**************

アニマルヒーリング講座

**************

レイキをあなたのペットに活用してペットケアに役立てます。3時間であなたの手をヒーリングハンドに!

日時はリクエスト開催です。10:00-13:00、14:00-17:00など

希望日をご連絡ください。

受講費 21,600円 

マンツーマンから開催します。

 

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

アニマルヒーリング講座受講感想

  • 2017.02.24 Friday
  • 11:12

最近は獣医師の方、動物病院スタッフ、動物ホームの職員など、ペットに関わる専門分野の方々も、アニマルヒーリングに着目してくださるようになりました。

ありがたいことです。そして表立ってレイキをやりますとか、アニマルヒーリングしますと言っても言わなくても、それでもペットが病院や施設などで関わる方からアニマルヒーリングのエネルギーで触れられたとしたら、それだけでも素敵だなと思うのです。

もちろん、日々のペットケアに飼い主さんがアニマルヒーリングが出来ることは一番大切なことです。

何といっても、ペット達は飼い主さんが大好きです。

そんなペットに自分でレイキを活用したアニマルヒーリングが出来るようになるのが「アニマルヒーリング講座」です。

3時間の講座ですが、その中で、アチューンメントと言うレイキで必ず行う波動調整をして、その日からペットにヒーリングが出来るようになります。

今回受講いただいたNさんは動物病院をされている方で、ご自身は動物看護師として関わっている方でした。

レイキはすでにサード(3段階)まで学んだことがある方ですが、動物へのレイキの活用を知りたいということで、経験豊富ということでヒューマン&トラスト研究所のアニマルヒーリング講座を選択してくださいました。

私はレイキを学んだことのある人が受講された時には、それを踏まえたうえでペットへの活用もお伝えしています。

Nさんも同様に西洋医学だけでなく、自然療法に着目してレイキを学びましたが、それをペットへどう活用するかについてがあいまりでもありそこを明確にしつつレッスンを進めていきました。

終わった後に、早速メールをいただきましたので、ご紹介します。

**************

小川典子先生
今日はお時間を作ってくださりありがとうございました。
動物に対しての思いが強すぎてもダメ、リラックスした気持ちではづきたちに接してヒーリングをしてあげたいと思います。
病院に来る子たちにも穏やかになれるようしていきます。
疑問に思っていたことなど含め丁寧に教えて頂き、楽しく講座を受けることができました。
ヒーリングまでしていただき幸せな気分で終えることができたこと嬉しく思います。
次の段階も考えたいですが、まずは今日学んだ事をしっかり使っていきます。
本当にありがとうございました。

Nより

***************

 

レッスンは、ほとんどの場合マンツーマンでやっていますが、日時があう時には数名でレッスンの時もあります。

アニマルヒーリング講座 

受講費21,600円

どなたでも受講できます、レイキを学んだことのない人もちゃんとアニマルヒーリング出来るようになります。

日時はリクエスト開催します。

 

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

 

ぬいぐるみの声^^;

  • 2017.02.20 Monday
  • 20:06

歩道を歩いていたら、先の方に茶色い物体が。

あれ?何か落ちている、鳥?尻尾?動物?

近づいてみると、小さな茶色のぬいぐるみでした。

 

私は、道路にマフラーとか、片方だけの靴とか、手袋とか落ちていると、さてどうしたものかと思うのです。

歩道にしろ道路にしろ道の真ん中に落ちていて、踏まれたりするのが忍びないというか、かと言って拾うのもどうかなと悩むところです。

時々、そういう落ちている衣類とかを拾って、道の地べたで無いところに移動してあげている親切な人を見かけます。

あ、私はこれを親切な人だなと感じるのですが、人によっては違う感想の人もいるでしょう。

で、今回はぬいぐるみ、まだキレイな状態。さて、誰が落としたのか、クレーンゲームで取ってポイかもしれないし、、、

でも、大事な物かもしれない、などと思いつつ、そのぬいぐるみの横を通ったら、

なんと、そのぬいぐるみちゃんから、「助けて〜」の波動が。。。。

 

えーーーー^^; 正直こんなにハッキリ感じたことがなく、\(◎o◎)/!

でも、ごめんねと思いつつ、触れずにそのまま通り過ぎました。

 

それから、ほんの1分程でしょうか、小さな子供と両親の4人が信号待ちしていました。

子どもは大きめのぬいぐるみを抱えています。

そして、体をふりながら、

「あれ、どこ?無いよ」との声があがりました。

お母さんも

「あれ! どこいっちゃたの、無い!! どうしたのかしら、落とした?」と。

思わず「向こうに落ちていましたよ〜」とお声かけたら、子供が「僕が助けて来るーーーー」と一直線に走っていきました。

無事にきれいなまま救出されて、ありがとうございますの言葉。

 

信号機が青に変わっていたら、先に進んでしまっていたかと思うのですが、いいタイミングで手元に戻ってきて、あぁ〜良かったなと私も嬉しくなっちゃいました。

 

そういえば、昨日から続けて赤茶に茶黒と猫さん達にも出会っています。

222の猫の日にはずっと週に一回送らせていただいている猫さん家族への遠隔ヒーリングがあるし、2月23日にはアニマルヒーリング講座もあります。

アニマルヒーリングをする時って、とっても優しい気持ちになります。(あ、普段も優しいですよ)

多分亡き愛猫クロロが持ってきてくれた、アニマルヒーリングシンボルが独特の波動を出して動物たちを癒してくれるからです。

アニマルヒーリングはレイキを活用していますが、このシンボルの活用によってよりペット達が受け取りやすい波動になっています。

動物の医療が進む中ですが、レイキをペットの日々のケアに取り入れるにはアニマルヒーリングが役立ちます。

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

 

 

静かなる猫の死

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 20:34

ビジネスキャットとして、美容学校のモデルをした後に引退後にレイドウレイキマスターの元に家庭ネコとしてやってきたロシアンブルーの猫ちゃんが年初に亡くなったとのご報告を受け取りました。

とても美しい猫ちゃんでした。
そして、引き取られてから4か月、10歳での死。
短い生涯と考えることも出来ますが、お仕事として働く動物たちの寿命は意外と短いことが多い様に感じます。
所謂タレント犬や猫などもそうですし、介助犬や災害救助犬、警察犬など、ストレスの多い中で人間達に貢献してくれた動物達。
引退した後に家庭犬や家庭ネコとして、愛情いっぱい受けて、のんびりと穏やかに過ごせた時間を持てたことは本当にそのペットにとっては幸せだったろうなと思うのです。

その猫ちゃんは、美容学校の時には時にはかみついたりしたこともあったそうです。たくさんの生徒さんにあちこちいじられるから、上手な人も下手な人もいるのでしょう。また、ストレスを感じることもあったのだと推察します。
でも家庭に迎えられてからは、そんなことはなく、そして、甘える姿も見せてくれるようになっていました。

実は私も一回会うことがあり、本当に美しい猫ちゃんで、そっと抱っこさせた貰ったのですが、ほっそりとしていて軽く、優しく抱っこしてあげないと壊れちゃうんじゃないかと思うようなそんな繊細さと美しさとウットリするような質感の毛並みを持っていた猫ちゃんでした。
サイレントキャットと言われる位、鳴かないロシアンブルーのその猫ちゃんですが、私が行った時には「にゃー、にゃー」と声を出してご挨拶をしてくれたのですよ^^

お骨になった時に、腎臓は石灰化して、体全体にがんもあったようだと言われたとのこと。
それでも、無くなる1日前まではごく普通に穏やかに過ごしていたのです。急に弱って最後にレイキヒーリングを受けて、その後静かに亡くなったそうです。
そんなことで、辛いお正月だったとのことでしたが、ピンシャンころり、ご家族にとってはあまりに急のことでお辛かったと思いますが、長患いせずに、最後まで普通に過ごせた事は幸せだったのではと思います。

今でもあのあまりにも柔らかで濃密な毛並みの感触が私の手にはあります。
短い時間でも、魂に素晴らしい愛の思い出を刻んでお空に還った猫ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

犬、猫の鼻づまりに

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 21:57

アニマルヒーリング講座や遠隔アニマルヒーリングをしていると、犬猫やその他のペットに関して、様々な治療や代替補完医療などの情報が入ってきます。そして飼い主さんもアニマルヒーリングだけでなく、その他のたくさんの工夫やチャレンジをしています。

これから春の季節になってくると、人間同様にペットも花粉症になったりもします。

それだけでなく、慢性的に鼻炎のような状態だったり、鼻がつまってしまったり、鼻水だらり〜になったりと、辛そうなことがあります。

人間だとティッシュで鼻をかんだりできますが、なかなかそうもいかないし、、、

そういう時にアニマルヒーリングは結構役立ちます。

鼻や額、頭部などにレイキやアニマルヒーリングしてあげると、しばらくするとスッと通ったりします。

また、アクセスボディだと、スクエアルートオブマイナスワンや、DMMDやMTVSS,LGIIなどでしょうか、効果的なのは。

遠隔アニマルヒーリングでも大分良くなります。

それでも、またなってしますこともあります。

鼻づまりがあると、呼吸がちゃんとできないので、その分体にも影響が来やすくなります。

生理食塩水をスポイトに入れて鼻をなるべく溶かすようにしたり、ふさがったところを細い綿棒で取ったりと色々と工夫した話を聞きます。

ある方は、子ども用の鼻水の吸引器を使ったら意外とうまく吸い取れて、その時にはだいぶ楽になるようだと教えてくれました。

これは犬猫共に意外と役立つかもと思います。

ペットの鼻の問題の時によかったらやってみてください。

JUGEMテーマ:アニマルヒーリング

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ランキングに参加しています。応援のクリックいただけると嬉しいです

ツイッターにも連動してます

divineheart22をフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
青木 文紀
ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM