永平寺修行僧の衣食住

  • 2017.03.24 Friday
  • 21:38

最初に宣伝です。急遽ですが、アクセスボディ講座をリクエスト開催します。

3月29日(水)「アナフィラキシーショック&クアドレートラクゼーション」と「DMMD」の2つです。

10:30-17:30

予定としては午前中にアナフィラキシーショック&クアドレートラクゼーションをやって、午後からDMMDですが、

どちらか一つだけ学びたい人で希望があれば順番を変更することは可能です。

受講費 2つで22,000円、1つだけの方は12,000円です。

-------

今日はまだ永平寺疲れがまだ残っています。腰と左ひざ、私の場合は特に静坐をすると昔痛めた膝が悲鳴をあげます。

が、朝のお勤めは今回の大メインでしたので、その時には静坐と時々崩して胡坐になったりしつつ過ごしました。

とにかく寒かったーーーです。本当にお坊様大変です。

坐禅の時には基本裸足です。

それで朝のお勤めも裸足かもと思って、靴下を抜いても防寒ぬかりなくと極々暖のレギンスを履きこみ、さらにレッグウォーマーもして、上にはダウンジャケットも羽織っていましたが、それでも冷えはすごかったです。他の方はみんな薄着で本当に寒かったろうな〜と思います。ただ、参拝者向けの施設はみんな冷暖房があります。

修行僧の方が案内をしてくださるのですが、私は修行僧たちの衣食住の小ネタを興味深く聞きました。

修行僧は、朝に1回と晩に2回、50分の禅を組むそうです。

毎日毎日長時間の禅を組んでいるイメージがありますが、普段はその3回だけなんですね。それ以外には担当部署が決まっていてそれぞれの作務をすることが多く、自由時間は全くと言っていいほどないそうです。

(たぶん、ある時期になると7日間などの長時間の禅もあるんじゃないかなとは思います。永平寺の修行僧のことは分かりませんが。)

 

肉体労働も多く、毎日30分ほどで寺中の廊下や階段を拭き上げするそうです。

広い寺院内を走り回って掃除、その時だけは走ったり声を出したりしても良いとのこと。でも階段から転げ落ちて大怪我をすることもあるので、気を付けないといけないとの事。こればかりは、若くて体力がある方が有利なようで、68歳で修業僧になった方がいたそうですが大変そうだと言っていました。(そりゃそうだ^^;)

以前に鶴見の総持寺で、修行僧のお掃除の風景を見ましたが、それはそれはすごいスピードでやっていました。

 

寺に入っている間は基本的に寺外に行くことはなく、食事はもちろん精進料理なので、肉や魚、卵、にんにく、お酒も取らないそうです。すべて作法にのっとって食事をしますから、それも修行の一環。

入ってきたばかりの僧はご飯を食べ過ぎて脚気になってしまうことも多いそうです。

白いご飯のでんぷん質が関係しているとのこと、ひどい状態になると病院に行かなくてはならないくらい。

それにいつも裸足なので寒さでしもやけが出来たりもするそうで、確かに絆創膏やネットをしている方も見かけました。

トイレは全て和式。お客様用はちゃんと洋式トイレも用意されています。

とにかく、禅を組む、お経をあげる、掃除にしても足腰は強くないとどうにもなりませんね。

 

禅宗では日常生活全てが修行なので、衣・食・住、そしてそれぞれの部署の仕事、すべての作務が修行なのです。

修行僧の生活、まだまだ書きたいけれど、今日はここまで。

 

たくさんの階段がいつも拭き上げられているのです。

 

福井の美味しいもの♪

  • 2017.03.23 Thursday
  • 22:07

初めて永平寺に行ってきました。

北陸新幹線で永平寺までと思っていたのですが、ん?検索すると米原経由で特急に乗った方が早い。

ということで、今回は新幹線で米原に行ってそこから特急しらさぎで福井駅に。

そこからリムジンバスで30分で永平寺につきました。

朝4時前に起きて、朝のお勤めに参加してきました。150人ほどいる修行僧達が皆でお経を唱えるさまはなかなか素晴らしかったですよ。

で、福井の美味しいもの〜

おろし蕎麦とソースカツ丼、ど真ん中の福井グルメがこれかな。

越前カニは高すぎてとても買えませーん。万単位でした。

 

駅弁はカニ飯です。

カニをかたどった容器に入っています。

中のご飯はすし飯ではなくて、ほんのり味のついたご飯でした。

 

*************

アクセスバーズ1日講座 3月4月

*************

3月28日(火)10:30-17:30

4月6日(木)10:30-17:30

4月26日(水)10:30-17:30

いずれも参加者募集中です。

 

 

 

 

 

エンティティの重さって?

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 17:29

先日やった、略称「デーモンの消去と根絶」アクセスボディクラスでちょっと興味深い体験談をいただきました。

このデーモンのボディプロセスメニューの正式名称は「デーモンに寄生された器官の消去と根絶と、人生を誘導する可能性の復元」という非常に前向きな内容ではあります。

ところで、このデーモンと言う言葉は結構強烈な印象の言葉で「デーモン=悪魔」ですが、アクセスコンシャスネスの中で、つい最近ではちょっとニュアンスを変えて解説がされるようになっていました。つまりは、アンコンシャスネスで居続けさせようとするものという感じで、エンティティクラスの創始者のシャノンさんが言われていました。2015年にお会いした時に「デーモン、デーモン」と叫んでいた時とはちょっと違う言い回しのようにも感じました。

 

ここで扱うデーモンは大きくはエンティティの中に含まれます。

エンティティとは「存在」のこと。存在なので、体があるものも、ないものもあります。

なので、私たち人間もエンティティで体がある存在。体がないのは霊。人間だった霊もいるし、天使などもエンティティです。そこに善悪はありませんが、デーモンは良くない状態のとどまらせようとしている部分であることは確かです。

-------------------

デーモンのクラスの翌朝に〜 Kさんの体験

-------------------

週末はポジショナルヘパスそしてデーモンと2日間、セミナーに参加させていただき、ありがとうございました!

興味深い2日間でした。

 

昨日は、ペアを組んだIさんと先生に頑張っていただき、いろいろなものを抜いていただいた訳ですが。
帰り道、胸の辺りがぽっかりと空洞ができたような感じでした。
「気」を落ち着かせると、空洞があるような感じはなくなりました。
夜は特に変化なかったんです。
でも今朝、体重を計ってみたら、なんと!!
1kgも体重が減ってたんですっ!!(笑)
確かに昨晩はいつもよりは軽めの夕食でしたが。
どれだけ重かったんだ、私の同居人達!(笑)
それだけ重ければ、空洞ができたようにも感じるかもしれませんねっ!(笑)

あまりににも面白い体験だったので、
ついメールしてしましました。
Iさんにお会いすることがあったら、1kg分もの同居人を抜いてくださって感謝していたとお伝えいただけませんか?
よろしくお願いいたします。

----------------

以上

 

人の魂は200グラムという話を聞いたことがあります。生きている時と死んだ時と体重を比べるとそれ位違うそうです。それで、魂の重さが200グラムというそうです。つまりエンティティにも重さがあると考えると、今回の現象はなかなかに興味深いものがあります。

 

時々エンティティをしょって来ちゃう人もいますが、整体やマッサージや色々とやってきたけれど、重たい感じという人は、エンティティを体内に飼っているのかもしれませんね、何だか怖い〜と思う人もいるかもしれませんが、普通にエンティティがそばにいることもあります。ただ、その人の人生の舵をそいつに取られるのは嫌ですね。

なので、舵を取り戻すという風に捉えていただくのが良いと思います。

 

*************

アクセスボディ講座「デーモンの消去と根絶」+エンティティについてのトピックス1日講座

*************

3月26日(日)10:30-17:30

前回よりも1時間多くしていますので、のんびり休憩時間多めに取りながら進めますね。

初回 20,000円、 再参加12,000円

定員6名 4名集まっていたのでそれで募集終わりにしようかなと思っていたら、キャンセルが一人出たので、ここで募集します。

 

こちらは下記の参加資格を満たす方のみのクローズクラスです。

参加資格は→1)2)共に満たす方 

1)レイドウレイキ3b卒以上

2)ヒューマン&トラスト研究所のアクセスコンシャスネスの講座受講したことのある方。該当するものは、アクセスバーズ、フェイスリフト、アクセスボディのどれかメニューです。クリアリングステートメントの説明はしません。

*受講資格をみたしていて、お申込みいただいてもお断りすることもあります。

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ランキングに参加しています。応援のクリックいただけると嬉しいです

ツイッターにも連動してます

divineheart22をフォローしましょう

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック
ヒーリング・ザ・レイキ―実践できる癒しのテクニック (JUGEMレビュー »)
青木 文紀
ヒューマン&トラスト研究所 青木文紀所長の著書 レイドウレイキの考え方が分かります。レイキの貴重な書類なども掲載

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM